七草粥の献立☆夕飯にするならどんなものを組み合わせると好相性?

七草粥

1月7日には、お正月に酷使した胃腸を休めるために、七草粥を食べるという風習がありますね。
ですが、この七草粥の時に1つ、悩まされるポイントがあります。
それは、どのような献立にすれば良いのか、という点です。

例えば朝や昼は忙しくて夕飯にしか食べられないという場合には、お粥だけじゃ物足りないですよね。
では、どのようなメニューを組み合わせて献立にすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

七草粥の献立☆夕飯ならお魚を!

七草粥は純和風のお料理ですから、ピッタリ好相性な献立と言えば、やはり和食です。
そこで、夕飯に取り入れる際にはメインとして、お魚の料理を献立に加えてしまいましょう。
お魚は純和食という雰囲気があり、しかもお粥との相性も抜群です。

適度に塩気がきいたサバやサンマなどの焼き魚なら、忙しい平日の夕飯でも取り入れやすいでしょう。
ただ塩焼きにすれば良いだけなので、料理が苦手な方でも簡単ですね。

しかもこの塩気が七草粥とピッタリ合います。
七草粥の味つけとして、仕上げに塩を加える方が多いですが、塩焼きの魚を献立に加えれば、これをおかずにすることで、七草粥に塩は不要になるかもしれません。

また、あえて煮魚にしてみるというのも1つの方法です。
時間があるなら、煮魚を煮てみましょう。
お粥と煮魚なら、まさに胃腸に優しいお料理という感じに仕上がりますね。

煮魚の臭みを消し、形よく仕上げるためには梅を投入するのがオススメです。
こうして魚と共に煮込んだ梅を、七草粥に入れて楽しむのも良いですね。
また、ブリ大根などをメインにすれば、ちょっと豪華な感じがして素敵です。

七草粥の献立☆煮物や炒め物

七草粥を夕飯にする際には、メインのお料理だけではなく、副菜もプラスするとバランスが良くなり、見た目にも豪華になります。
取り入れたい副菜は、やっぱり和風のものですね。煮物や炒め物といったものを加えた献立を考えると良いでしょう。

例えばかぼちゃの煮物や、ひじき煮豆なども良いですね。
これらは栄養価の高い食材から作られるお料理なので、七草粥のお供としてもピッタリです。

また炒め物としては、薄あげとほうれん草や小松菜などの青菜を軽く生姜醤油などで炒めると良いでしょう。

肉類が入ったガッツリした炒め物は胃腸の負担になりますが、薄あげ程度なら、胃腸にも優しい感じがしますね。

ハムなどの加工品はあまり体に良いものではありませんので、できればせっかくの七草粥の日くらいはお休みにした方が良いかもしれません。

また、メインをどのような料理にするかで、炒め物、煮物の献立を考えると良いですね。
煮魚なら炒め物を、焼き魚なら煮物を、という感じにすると、バランスの良いものになるでしょう。

七草粥の献立☆和え物で仕上げ!

七草粥を夕飯に食べる際には、副菜が2品あると、しっかりとした献立に見えます。
そこで、炒め物や煮物に加えて、和え物も取り入れてみましょう。
和え物というのは、胡麻和えや梅和え、お浸し、酢の物といったものですね。

ほうれん草の胡麻和え、小松菜のお浸し、きゃべつの梅和え、ワカメの酢の物・・・
こういった和の定番メニューを加えるだけで、デキる主婦の夕飯の献立、といった雰囲気に仕上がります。
和え物は手早くちゃちゃっと作れるものなので、1品プラスするとお得感がありますね。

その日、冷蔵庫に入っている野菜を使って、簡単な和え物を作ってみましょう!
時間が無いなら、茹でた野菜をかつお節と醤油で和えるだけでも良いのです。

七草粥だけでは補いきれない栄養を、こういったちょっとした1品でプラスするという工夫が、ステキですね。

まとめ

七草粥を夕飯にすると、どうしても質素な印象になってしまうという方がいます。
ですが、この日は質素な印象の献立でも良いのです。

胃腸を労わるご飯、ということをテーマにして、メニューを考えていくと良いでしょう。
日本の伝統的な風習ですから、和食を心がければ、合わないということはほぼ、ありませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする