uvカットの衣類の効果とは?どんな仕組みで紫外線を防いでいる?

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

日差しが強い季節になってくると、uvカットの必要性が叫ばれるようになりますね。
これは美容面だけでなく、お肌の健康を維持するためにも重要なポイントです。

そんなuvカットの方法の中でも、よく用いられるのは衣類によるものです。
では、uvカットの衣類の効果というのは、一体どの程度のものなのでしょうか?
どのような仕組みで紫外線を防いでいるのでしょうか?

そんな気になるポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

uvカットの衣類の効果は?

uvカットに衣類の効果はどの程度のものなのか、という点については、どんなタイプの衣類を選ぶかで変わってきます。

基本的に、衣類に覆われている部分のお肌というのは、あまり日焼けしませんよね。
これは、布を1枚身にまとっているだけでも、ある程度の紫外線をカットしてくれているということになります。

特に羊毛やビニロン、ポリエステルなどの素材は高いuvカット効果があり、何も特殊な加工をしていないものでも、身に着けていると紫外線を防御してくれます。 ただ、ナイロンやレーヨン、シルク、麻、綿といった素材の場合はuvカット効果はあまり無いと言えます。

また、衣類の厚みがあるものの方が、高い効果でuvカットができます。
それから、色についても重要で、黒などの濃い色の方がuvカット効果が高いと言えます。

これらの点を考えると、高い効果でuvカットするためには、通気性がイマイチな素材で、しかも厚みがあり、熱を吸収する濃い色が良いということになります。 これは暑い季節には辛いですね。

そこで、そのような問題を解決してくれているのが、uvカット加工を施した衣類なのです。

uvカットの衣類は、素材や厚みや色に関わらず、高い効果でuvカットを実現してくれています。

uvカットの衣類の効果の秘密

uvカットの衣類の効果を発揮しているのは、紫外線吸収剤などによる加工です。
例えば製品化された後のカーディガンやパーカーなどに、後から紫外線吸収剤などを吹きつけて加工します。
あるいは、製品になる前の繊維にカーボン、チタン、セラミックなどを織り込み、uvカット効果を発揮させるというものです。

こうして後からコーティングしたり、繊維に直接織り込んだリすることで、紫外線が透過するのを防ぐことができるため、素材に関わらず高い効果で紫外線の影響を防ぐことが可能になるのです。

また、繊維に織り込んでいるタイプのものの場合、赤外線なども防げますので、衣類の中の温度上昇を防ぐこともできます。
そのため、夏の暑い日にも快適に過ごすことができるというのも大きな魅力となっているのです。

uvカットの衣類の効果は持続する?

uvカットの衣類の効果は優れものですが、汗をかく夏には、衣類もこまめに洗濯したいですよね。
では洗濯した場合などにも、その効果は持続してくれるものなのかどうか、というのも気になるところです。

uvカットの衣類の効果は、表面にコーティングしてあるタイプのモノの場合は、洗濯する度に低下してしまうと考えらえます。
そのため、コーティングしてあるタイプは安価ではあるものの、毎年買い替えることが基本になってきます。

これに対して、繊維に織り込んであるものは効果が低下しにくく、洗濯に強いというメリットを持っています。
10回程度の選択では効果は変わらないどころか生地によっては縮みが生じるため、さらに紫外線をカットしていたというような実験結果もあるほどです。

繊維にuvカットするための素材を織り込んであるものは、価格が比較的、高額になってしまう傾向があります。
ですが、それでもできるだけしっかり対策したい、長く愛用していきたいと考えるのであれば、そういった素材のものを選んでおいた方が、結局はお得になるかもしれませんね。

まとめ

uvカットの衣類の効果というのは、どのような素材を使用しているか、厚さはどの程度か、色の濃さはどうか、といった様々な要因で変わってきます。 必要性に応じて、自分のライフスタイルに適したuvカットの衣類を使っていくようにしたいですね。

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする