日焼け止め★メンズ!違い?レディースと何が違う?

日焼け止め,メンズ

暑い時期になると、日焼け対策は欠かせませんよね!日焼け止めは女性だけが使うものだと思っていませんか?

男性は必要ない・・・?そんなことはありません。
しかし、メンズとレディースは何が違うのでしょうか

今回は、メンズの日焼け止めについてお話していきます。

スポンサーリンク

日焼け止め、レディースとメンズの違いって?

女性の美容、お手入れは当たり前・・・しかし、まだまだ男性が美容に関心を持ち、お手入れするというのが一般的ではありません。

日焼けすると、シミや老化の原因になると言われています。
女性は必死で日焼け止めを塗り、対策をします。

男性で、日焼け止めを塗って対策をしている人は少ないでしょう。
しかし、性別関係なく対策は必要です。

日に焼けることで、シミだけでなく皮膚がんの原因にもなります。
自分の健康のためにも、日焼け止めを活用するべきなのです!

しかし、日焼け止めといっても・・・男女兼用、メンズ用、レディース用、子ども用とたくさんの種類があります。

レディースとメンズの日焼け止めの違いってどこにあるのでしょうか。
それは、どうやったら日焼け止めが落ちるかどうかです。

基本的に女性は、お化粧をしますよね。日焼け止めは、化粧水や乳液などの日頃のケアのあとに使います。

そして、日焼け止めのあとにお化粧をします。
日焼け止めの中に化粧下地の入っている物がほとんどで、肌が白くなりやすいです。

落とす時は・・・水や汗、石鹸などでは落ちません。
化粧落とし(クレンジング)で落とすことを前提にして作ってあるのです。

メンズの場合、石鹸や洗顔で落ちます。
男性で、お化粧する人はまだ少ないですからね。

そもそもの使用目的が違うため、男性が女性用を使うと白浮きしやすい、落ちないという悩みが出てきます。

スポーツにも?男性用の日焼け止め

男性用の日焼け止めも、様々なメーカーから販売されています。

男性の場合、営業で外に出る人、自転車やスポーツ、マリンスポーツを楽しむ方が多いですよね。

そんな方の場合、日焼け止めは欠かせないかと思います。
ただ日に焼けるだけなら問題ない・・・と思う人は特に知ってほしい!

日焼けは火傷です、赤くなってタダれてしまった場合重度の火傷と同じです。
痕も残るし、皮膚がんの可能性も高くなります。

肌が赤くなった時は、そのままにせず必ず冷やしてください。

男だから日焼けしてもOK!なんて考えはダメです。
特に外で過ごすスポーツをよくする方、今はよくても10年、20年後は身体中がシミだらけになりますよ。

日焼け止め★メンズ悩んだらぜひ!おすすめ商品

男性用の日焼け止めといっても、たくさんの種類が販売されるようになってきました。
かといっても、女性用よりは少ないですけどね。

乳液タイプ、スプレータイプ、ローションタイプ、ジェルタイプなど様々です。

選ぶ時のポイントは、いつ使用するものかどうか。

SPFって聞いたことがありますか?
日焼けやシミの防止効果を表す数値です。

普段使いであれば、SPF15~30程度あれば十分。
外でのアウトドアやスポーツの場合、SPF50あれば安心です。

また、日焼け止めにはもうひとつ記載があります。
それは、PAも気にしてみましょう。

これは、シワの防止効果を表す数値です。
+から+++までで表示されています。
出来る限り、+++の物を選ぶと安心です。

おすすめのメンズ日焼け止めをご紹介していきましょう。

まず、ウーノから発売のスキンケアタンク。
SPF25・PA++、値段は864円です。
乳液タイプでさらさらしていて塗りやすいのが特徴。
保湿効果もあるため、これ1本でお手入れ完了!
めんどくさがりな人でも、続けられるのが良いところです。

次に、シセイドウ メンのUVプロテクター。
SPF30・PA++、値段は3,240円です。
白浮せず、肌のバリア機能をしっかりと守ってくれる日焼け止めです。
ウォータープルーフなので、スポーツやレジャーのもOK!
値段は少し高めですが、値段相応の価値ありです。

次に、ギャツビーパーフェクトUVスプレー。
SPF50・PA+++、値段は700円です。
ひんやりスプレータイプなので、塗る手間なし!
ウォータープルーフなので、汗にも水にも強いのが特徴。
値段もお手頃でさっと使えるのがいいところです。

3つ程紹介しましたが、メンズスキンケアブランドから日焼け止めが発売されていることが多いです。

⇒ メンズ用の日焼け止めをもっと見てみる

日焼け止めだけでなく、化粧水や洗顔などラインで揃えて使用したいですね。

まとめ

日焼け止めは、ドラックストアだけでなく、化粧品店などでも取扱いがあります。

しかし、化粧品店の窓口だと購入するのが恥ずかしい人もいますよね。
日焼け止めは、ネットでも購入可能なものが多いです。

ぜひ、デイリーも特別なお出かけでも活用してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする