アスパラとじゃがいも☆カロリーが低くてダイエット向きの料理は?

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

春に美味しいアスパラやじゃがいも。
これらを組み合わせて作るお料理も見逃せませんよね。
ですが、これから徐々に薄着になっていく季節ですから、やはり、ただ美味しいだけでなく、できればカロリーが低く、ダイエットにも役立つものをお料理したいですよね。

では、アスパラとじゃがいもでカロリー控えめで美味しくいただけるお料理と言えば、どういったものがあるのでしょうか?
簡単で取り入れやすいレシピを紹介します。

スポンサーリンク

アスパラとじゃがいも☆カロリーを気にするなら焼く!

アスパラとじゃがいもでカロリー控えめなレシピにチャレンジしたいのであれば、グリルで焼く方法がおすすめです。
炒める、揚げる場合にはたっぷりの油を使用するので、どうしても高カロリーになってしまいがちですが、グリル焼きなら油は少量で良いので低カロリーで仕上げるおとができます。 しかも作り方も非常に簡単です。

まずアスパラは根本の固い部分やハカマの部分を取り除いて、半分に切ります。
じゃがいもはくし型に切ります。
皮が薄い新じゃがであれば、皮ごとでも良いですね。

そこに、少々のエキストラバージンオリーブオイルと、塩コショウを絡めておきます。
これをアルミホイルの上に並べてグリルに入れ、上下強火で火が通るまで、5〜8分程度焼けば出来上がりです。
アスパラの方が早く火が通りやすいので、食材ごとに取り出しましょう。
量なども適当で、食べたい分だけ作れるお手軽レシピです。

カロリーは1人分なら77キロカロリー程度で、かなり低めなのがうれしいですね。
オリーブオイルは油なのでカロリーは低くありませんが、体につきにくい油なので健康的なレシピです。

アスパラとじゃがいも☆茹でてから和えても!

油は一切使用せずに低カロリーに仕上げたいなら、茹でてから和えるという方法もあります。
アスパラとじゃがいものカロリー自体はそれほど高いものではありませんので、油を使用しない調理であれば、ダイエット向きですね。

根本を落としハカマを取り除いたアスパラを色よく茹でて食べやすい長さに切り、じゃがいもも一口サイズに切っておきます。
これに、プレーンヨーグルトとマヨネーズを混ぜ合わせたものを和えれば、低カロリーなポテトサラダの出来上がりです。
マヨネーズは高カロリーなので控えたいところではありますが、プレーンヨーグルトを加えることで、カロリーを抑えることができるので要チェックですね。

また、ゴマ味噌などで和えてみても良いですね。
すりごまに味噌と砂糖、出汁を少々加えて、よく練り混ぜた衣で、茹でたアスパラとじゃがいもを和えるだけのレシピです。
とっても簡単ですし、砂糖を控えめにすれば、カロリーもかなり抑えることができます。

アスパラとじゃがいもはどちらも和え物に適した食材ですので、こういった低カロリーで楽しめる副菜づくりにチャレンジしてみても良いですよね。

アスパラとじゃがいも☆カロリー以外のダイエットの特長

アスパラとじゃがいもはカロリー以外にも、ダイエットの際に嬉しいポイントがいくつかあります。
まずじゃがいもですが、この野菜には食物繊維がたっぷりと含まれており、便秘解消に役立つ可能性大です。
さらにカリウムも豊富で、これは体の余分な水分を排出する働きをしてくれるため、むくみを改善するのに役立ちます。

また、でんぷんを多く含むじゃがいもは、このでんぷんによってビタミンCが守られています。
そのため、美肌に役立つビタミンCが摂取しやすい野菜としても知られているのです。
つまり、キレイを保ちながらのダイエットを実践したい方にはピッタリ、というわけですね。

それからもう1つの食材、アスパラに関してですが、こちらも豊富な栄養がある野菜として知られていますよね。
特にアスパラギン酸という成分は、新陳代謝の促進に役立ち、疲労回復効果があると言われています。
新陳代謝が促進されれば、ダイエット面でも痩せやすく太りやすくなる、といった嬉しい効果が期待できますね。

つまり、カロリー面にこだわるだけではなく、アスパラやじゃがいもは栄養豊かな、キレイ痩せを実現してくれる食材として、上手に取り入れていくと良いということです。

まとめ

アスパラとじゃがいもはカロリー控えめでも美味しくできるレシピが多数あります。
イロイロな食材が旬を迎え、美味しくなる春という季節。
ぜひ、カロリーだけでなく栄養も満点なこれらの食材を用いて、ダイエット中でも食卓を盛り上げたいですね!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする