ホワイトデーのお返し☆部下に贈るのにピッタリな物と言えば?

現代の日本のバレンタインと言えば、好きな人にチョコを贈るというだけではなく、友達同士で交換したり、日頃からお世話になっている方に感謝の気持ちを込めて贈ったりといったことも増えていますよね。 例えば社内で、上司に部下からチョコのプレゼント、なんて言うのもよくある話です。

そこで悩まされてしまうのが、ホワイトデーのお返し。
ホワイトデーのお返しを部下に贈る場合、どういったものが良いのか、チェックしてみましょう。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返し☆部下にお菓子

ホワイトデーのお返しを部下に贈る場合、贈る相手が多い分、どうしてもお金をかけることが難しくなってしまいますよね。
小物などのグッズとなると、けっこうなコストがかかるものが多いものです。

そこで、より気軽で低コストなお返しとしておすすめなのがお菓子類です。
例えばチョコはバレンタインの贈り物という印象がありますが、女性が大好きな食べ物の1つでもあります。

思い切ってチョコ返し、というのも良いでしょう。
ちょっと高級なチョコを贈れば、部下の心をぐっと掴むことができるかもしれません。

それから、クッキーやマカロンなどのお菓子もおすすめです。
こういった焼き菓子類は日持ちするので便利ですし、高級感もあって良いですね。

ただし、お菓子野中でもマシュマロやキャンディーは、「あなたが嫌い」「あなたが好き」といった深い意味を持っているため、部下に対する贈り物としては選ばない方が無難かもしれません。 できるだけ特別な意味を含まないものを選ぶのがベストです。

特にクッキーは「友達でいよう」といった意味を持つものなので、これなら部下にも贈りやすいですね。

ホワイトデーのお返し☆部下にコーヒー・紅茶

ホワイトデーのお返しで部下に贈るなら、できるだけセンスの良いオシャレなお返しを選びたいという方もいらっしゃるでしょう。
そんな時におすすめなのが、コーヒーや紅茶といったお返しです。

コーヒー豆のセットや紅茶の茶葉などは、大人の女性への贈り物という印象があり、とても素敵ですね。
ちょっとこだわりが感じられるものを選んで贈れば、センスが良い上司と感じてもらえるかもしれません。

ただし、インスタントのコーヒーなど、お歳暮やお中元に贈るようなものは選ばないほうが良いでしょう。
レギュラーコーヒーなど、普段はあまり飲まないような特別感のあるものを選ぶのがおすすめです。

例えばマリアージュフレールの紅茶詰め合わせや、スタバのコーヒー豆なんかも素敵ですね。
1,000円以内で用意することも可能なので、多くの部下への贈り物としても選びやすいのが嬉しいポイントです。

ホワイトデーのお返し☆部下にコスメ

ホワイトデーのお返しに部下に贈るのに、もう1つおすすめなのがコスメ類です。
とは言っても、メイクアップに使用するアイテムではありません。
なぜなら、ファンデやポイントメイクに使用するアイテムというのは、こだわりが強い女性も多いため、男性のセンスで選んでも喜ばれない恐れもあるためです。

そこでおすすめなのが、ハンドクリームやボディクリームです。
ホワイトデーは3月ですから、まだまだ乾燥しやすい季節ですよね。
こういった季節に、手やボディのお肌の乾燥に悩まされる女性は少なくありません。

そんな女性を労わる素敵な贈り物として、こういったコスメを選んでみると良いでしょう。
パッケージデザインも可愛らしいものが多いので、贈り物にぴったりですね。

例えばボディショップのハンドクリームはデザインも可愛らしく、贈り物にぴったりです。
高級感を求めるなら、MARK&WEBやロクシタンもおすすめです。

憧れだけど自分では買わないという価格帯のハンドクリームは贈り物としてもらえると嬉しいものですね。

ボディクリームについては気の利いたプレゼントではありますが、見方によってはセクハラのように感じられてしまう恐れもあるので注意しましょう。 相手をよく見て、「この人なら気軽に受け取ってもらえそう」という女性ならボディケア用品を贈ってみるのも良いですね。

まとめ

ホワイトデーのお返しを部下に贈る際には、1,000円〜2,000円程度の予算のものを選ぶのが妥当と言われています。
この予算の範囲内で、できるだけオシャレで実用的なものを厳選しましょう。
また、上司からの贈り物は「思い出に残るもの」よりも、「実用的な消えもの」の方が喜ばれる傾向があります。
食べ物やコスメのような、使えば無くなるものを中心に選ぶことも大切ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする