紫外線対策☆朝に食べるといいものと言えば!?どんな栄養が効く?

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

春夏になってくると、そろそろ紫外線対策が気になりはじめますね。
今受けている紫外線は将来のシミになる原因もありますので、徹底的にケアしていきたいところです。

UVクリームなどでの紫外線対策が一般的ではありますが、実は食べ物など、内側からのケアも有効であると言われています。
では、紫外線対策に朝、食べるといいものと言えばどんなものがあるのでしょうか?
朝食に取り入れたい食材をピックアップしてみましょう。

スポンサーリンク

紫外線対策に朝食べるといいもの☆イチゴ

紫外線対策に朝、食べるといいものと言えば、まず果物が挙げられます。
果物には美白効果が高いことで知られる栄養素、ビタミンCが豊富に含まれているものが多いですよね。
ビタミンCは熱に弱いという性質があるため、できれば生のままで食べられるもので取り入れていきたいところです。

その点、果物は生でもおいしくいただけますので、ビタミンCを取り入れやすいのですね。
ただし、果物でも選び方には注意が必要で、ビタミンC豊富なレモンやオレンジなどの柑橘系のものにはソラレンと言われる成分が含まれ、これはシミやそばかすを増やしてしまう原因になります。

そこでおすすめなのがイチゴです。
イチゴは甘酸っぱくて生でも十分美味しくいただけますし、手間もなく食べられるので朝にもピッタリです。
しかも春に旬を迎えますので、ビタミンCたっぷりのイチゴを朝食に取り入れることで、紫外線対策をしていきましょう。

紫外線対策に朝食べるといいもの☆トマト

紫外線対策に朝食べるといいものとして、次に挙げられるのがトマトです。
朝食のサラダとして、切っただけのトマトやそのまま食べられるプチトマトなら、手軽に取り入れることができるでしょう。

トマトにはリコピンが豊富に含まれています。
このリコピンという成分には高い抗酸化作用があることが知られており、紫外線によるダメージでメラニンが生成されるのを抑制する働きがあるのです。

そんなトマトを朝食に取り入れる方法ですが、サラダとしてそのまま食べるよりも、効率の良い方法があります。
それは、トマトを軽く炒めていただくという方法ですね。

トマトに含まれるリコピンは脂溶性ですので、油で軽く炒めることで、吸収されやすくなる性質を持っています。
朝食に、トマトをオリーブオイルで炒めて粉チーズをかけたものなど、簡単な一品を作ってみるのも良いでしょう。

ちょっと時間があるなら、さらに抗酸化作用が高いことで知られるアボカドなどを合わせて調理してみても素敵です。
アボカドには紫外線対策にぴったりなビタミンEなどの栄養も含まれていますので、トマトと相乗効果を発揮してくれるでしょう。

紫外線対策に朝食べるといいもの☆卵

もう1つ、紫外線対策に朝食べるといいものとして挙げられるのが卵です。
卵には豊富なたんぱく質が含まれています。

このたんぱく質はアミノ酸でできており、アミノ酸には血行を促進して代謝をアップさせる働きがあります。
お肌の代謝がアップすれば、紫外線によるダメージを受けたとしても、スムーズに健康な状態に導くことができるのです。

アミノ酸を含む食べものは肉類や魚類などいろいろありますが、朝食べるとなると、できるだけ軽く簡単にいただけるものが良いですよね。 そこでおすすめなのが、卵なのです。

卵焼きや目玉焼き、オムレツなど、朝食にぴったりなメニューにたくさん使用できます。
ご飯食の方にもパン食の方にも合わせやすいのが嬉しいですね。
卵は他にも多くの栄養を含んでいますので、美肌効果をしっかり底上げしてくれるでしょう。

まとめ

紫外線対策に朝食べるといいものは、イチゴやトマト、卵などです。
野菜類などで他にもおすすめの食べ物はたくさんありますが、朝食には気軽に手軽に取り入れられるのがベストですね。
その点、これらの食べ物はとても簡単に取り入れることができます。

そんな栄養満点で手軽な食べ物を、朝からしっかり食べて、紫外線に負けないお肌づくりをしていきましょう!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする